オーバーフロー水槽の水中ポンプ交換

我が家のオーバーフロー水槽のポンプにはエーハイムのコンパクトオン1000を使用していた。
2台購入したが、いずれも数か月で異音が発生し、分解して確認するとインペラーが破損して(割れて)いた。補修しながら使っていたがさすがに手間がかかりすぎて面倒なので買い替えることにした。

インペラー修理の記事

imojiro.info

 

スポンサーリンク

 

 

選んだポンプ

有名メーカーのものでもダメなのであれば、いっそのこと安物を攻めてみようということでamazonで見つけてきたLEDGLEというメーカーのポンプを購入してみた。

・流量1500L/h(25L/min)
・揚程が1.6mらしい。
・水中だけでなく陸上でも使える

と、なかなかのスペックだが説明の日本語が怪しい。
我が家のオーバーフロー水槽は水槽の水面と濾過槽の水面の差が1.1mくらいでスペック的には余裕があるのでまあ何とかなるだろうということで早速購入。

ポンプ取り換え

購入すると翌日の午前中には届く。本当に便利で助かっている。
最近Amazonはヤマト運輸と和解したらしく配送の質もよくなった。世の運送ドライバーの皆様には本当に頭が下がる思いである。

オーバーフロー水槽のポンプ交換

届いたポンプ。


せっかく早く届けて頂いたのにこちらで放置するのは失礼に当たると思い、さっそく交換作業に取り掛かる。
ポンプ接続口のサイズがたまたまコンパクトオン1000と同じだったため、コンセントとホースを外して取り換えるだけ。ものの数分で作業は終わった。

オーバーフロー水槽のポンプ交換

交換前(エーハイム コンパクトオン1000)

オーバーフロー水槽のポンプ交換

交換後(LEDGLE水中ポンプ)

使用感

  • 大きさ
    コンパクトオン1000の倍くらいある。かなり嵩張るが濾過槽の中でスペースに余裕があったため、さほど気にならなかった。
  • 運転音
    もとが異音でめちゃくちゃうるさかったのもあるが、結構静かである。設置場所が玄関なのもあり全く気にならない。
  • 能力
    揚程1.6m、流量1,500L/minは明らかに出ていなさそうである。
    コンパクトオン1000が揚程1.4m、流量400~1,000L/minだがどう見てもそれより流量が少なそうに見える。

まとめ

コンパクトオン1000を買うことはもうないと思う。いくら消耗品といってもさすがにひどい。メーカー側できちんと対策を取ってほしい。
買い替えたポンプは、とりあえず今のところ水は循環しているためしばらく様子を見ることにする。値段を考えればこんなものだろう。(コンパクトオン1000が5,000円オーバーに対して2,000円そこそこ。水中ポンプ、1年前に比べてずいぶん高くなったような気がする)
場合によっては濾過槽を少しかさ上げする等の方法を検討しようと思う。

購入したポンプ