スティック掃除機スタンド

はじめに

 我が家ではコードレスのスティック掃除機(シャープ EC-AR2S-P)を使っている。

 買ってから1年半くらいになるが、思いついたときに気になる部分だけさっと掃除できたりしてなかなか使い勝手がよく、コードありのキャニスター型(本体にタイヤがついているやつ)には戻れないなと思う。

 ただ1点不満だったのが、いい感じの置き場所がなかったことで、壁に立てかけたり窓枠に引っ掛けたりしていたがいまいちしっくりこないので、掃除機スタンドを買ってみた。

 メーカー純正のスタンドは結構高かったので、多少不安はあったがものはためしに安い掃除機スタンドを買ってみた。

買った掃除機スタンド

 買った掃除機スタンドは「山崎実業 クリーナースタンド スティッククリーナースタンド 掃除機たて プレート ホワイト 3275」。台と掃除機を立てかけるアームに分かれた状態で箱に入っていて、あとはねじ類が入っった袋が入っていた。 

 ねじを締めるための工具(六角レンチ)も入っているので、届いたら特に何も準備しなくても組み立てられる。何も見なくても組み立てられると思うが、箱の裏側に組み立て方が記載されている。

スティッククリーナースタンド1

左:掃除機を立てかけるアーム、右(上):台、右(下):ネジなどの小物

スティッククリーナースタンド2

小物類(ねじ、ねじ穴隠しのシール、緩衝材、六角レンチ)

 箱を開けてから組み立てるまではあっという間(5分もかからないくらい)だった。掃除機もしっかり収まり、ぶつかったりしない限りは倒れることもなさそう。ねじの目隠しシールは個人的にはそれほど必要性を感じなかったのでつけていない。

スティッククリーナースタンド3

斜め前あたりから撮影

スティッククリーナースタンド4

全体
 総評

◇金額

 メーカー純正品(約5,000円)の約3分の1の値段(約1,500円)で買えるのはよかった。

◇見た目

 まあ悪くない。一体型の「3273」というのもあって、こちらはねじがないのでよりシンプルに見えるが金額が倍くらい(約2,800円)する。どうせ掃除機を立てかけると掃除機のほうが目立つので、よほど組み立てるのが面倒くさいとか、どうしてもねじが気になる人以外は「3275」で十分だと思う。

◇使用感

 掃除機を取ったり台に戻したりする分にはがたついたり不安定な感じはしない。また、取りにくかったり戻しにくいということもない。(掃除機のパイプは直径4センチ以内のものに使用できるとのこと)

◇気になる点

 底(床に接するところ)に滑り止めがないので、押すと掃除機ごと床を滑る。しばらく使って気になるようなら何かしらの滑り止めをつけることを考えたほうがいいかもしれない。

 ◇まとめ

  スティック型掃除機を持っていて、掃除機スタンドを買おうかどうか迷っている人は買ってみても損はないと思う。

 

 

スポンサーリンク