インターネットとスマホ料金見直し(年間約26,500円の節約)

地デジアンテナを設置することができたため、インターネットとスマホの乗り換えを検討した。最近はひかり電話の番号を引き継いだままで乗り換えができるようで便利になったなと思う。
数多くあるサービスを全部比較するのは無理なので、ざっと調べた感じで安そうだったIIJとNUROをピックアップし、あとは今使っているBIGLOBE(契約するとき調べたところだと最安だった)を比較した結果、現状の契約内容に比べて年間で約26,500円節約できることが判明した。

スポンサーリンク

 

 

 

比較検討の条件

比較検討にあたり、前提条件は以下の通りとした。

  1. 期限付きの特典値引きやキャッシュバックは考慮しない
    プロバイダーのホームページや比較サイトは、いろいろごちゃ混ぜになっており結局いくらかかるのかが分かりづらい。
    こまめに乗り換えるほうが入会特典などで得なのは知っているが個人的にはスタンスが合わないため、乗り換え時にあればラッキーくらいでよいと考える。
  2. スマホの通信量、通信品質はあまり重要視しない
    日経新聞の電子版やほかの人のブログを読むのとLINEをする、あと出先で少し調べものをするくらいが主な使い方である。たまに遅いなと思うときはあるが、さほど支障は感じていないためそれほど通信の品質は重要視していない。
  3. 価格重視
    あまりにも質が悪かったり、乗り換えに手間がかかるものでなければ価格が安いところを選択する。
  4. 料金が大きく変わらないなら乗り換えない
    現状のサービスに対して特に不満はないし、月額料金も平均的なところからするとかなり安く抑えられているのではないかと考えており、乗り換えの労力はできればかけたくない。

何かを決めるときは、自分が何にこだわるのか、優先順位を明確にしておくと早く決められてしかも後悔は少ないかなと思う。たくさん時間をかけて検討するのもよいが、僕は短期決戦型(たまに失敗する)が性に合っている。

各社比較

BIGLOBE(現状)、IIJ、NUROの3つのサービスで比較していく。
BIGLOBE、NUROは電気料金やガス料金のセット割引があるが、電気・ガスについては今契約しているENEOSのほうが安いため考慮しないこととした。

月額基本料金の比較

まずは月額基本料金から。
Excelで作った比較表を以下に示す。

インターネット スマホ 乗り換え検討

光回線+スマホ基本料金比較表
  • 光回線の料金
    光回線トータルで見ると、NUROが500円/月ほど安い。BIGLOBEとIIJはほぼ同じ。
    なお、見直し前のBIGLOBEは光テレビの料金が入っていたが、地デジアンテナを設置したため解約する。
  • スマホ料金
    こちらもNUROが安い。続いてIIJ(+154円/月)が少し高く、BIGLOBE(+858円/月)はかなり金額が上がり、NUROの1.5倍程度の金額であった。以前はBIGLOBEのシェアSIMサービスがお得だったが、今はある程度通信量が多いプランでないとシェアSIMはお得感がなくなったようである。
    なお、見直し前はデータ通信しかしないスマホ(子供がたまにゲームをする)とSurfaceにデータ用のSIMを刺していたが、これはテザリングで済ませることにする。
  • 割引
    BIGLOBEはインターネットとスマホのセット割とひかり電話対応機器の割引で計550円/月の値引きがあり、IIJはインターネットとスマホのセット割で660円/月の値引きがある。
    一方でNUROはセット割引はない。
  • 総額
    総額でみると、NURO(7,532円/月)、IIJ(7,612円/月)、BIGLOBE(8,338円)の順に安かった。BIGLOBEはスマホ代が足を引っ張った形になった。
    現状からだと2,210円/月程度(年額約26,500円)、プラン変更後のBIGLOBEと比べても700~800円/月程度節約できるとなると、これは乗り換えのメリットがありそうである。
スマホデータ通信量、各種通話料金、他

スマホデータのスマホ通信量は、BIGLOBEとIIJが2回線で6GB、NUROが2回線で8GB。NUROはお得感が結構あるが、現状2回線6GBで足りている。

インターネット スマホ 乗り換え検討

スマホデータ通信量比較表

ひかり電話、携帯電話(スマホ)ともに通話料金はほぼ横並びである。携帯電話宛の通話に関してはNUROが少し高いが、ひかり電話自体かけることがほとんどないため特に問題はないと思う。
携帯電話(スマホ)に関しても料金はほぼ横並びだが、IIJは通話アプリを使用しなくても通話料金が安くなる。この部分はメリットが大きいと感じた。

インターネット スマホ 乗り換え検討

ひかり電話、携帯電話(スマホ)通話料金比較表

また、光回線の通信速度はNURO(2Gbps)がBIGLOBEとIIJ(1Gbps)に比べて早い。通信速度は現状1Gbpsで十分早いと感じている。早いに越したことはないが、次速度を気にするのは安価な10Gbpsの回線が出てきたころでいいかなと思う。

結論

比較検討した結果、IIJに乗り換えることにした。
BIGLOBEは少し金額が高いため除外し、NUROとIIJの比較となった。NUROのほうが80円/月安いうえ、優位な点も多かったが、僕の利用方法からするとあまりメリットにならなかった。
一方でIIJはスマホの通話アプリを入れなくても通話料が安いのがよいと思った。実際のところ通話はあまりしないのだがスマホのアプリが一つ減るのはメリットだと感じた。また、光コラボ同士の乗り換えということもあり乗り換えが簡単であることも魅力に感じた。

なお、スマホの乗り換えをするときにはAmazonにて~400円程度で売っているエントリーパッケージを購入し使うことで契約事務手数料(約3,000円)が無料になる。最近はダウンロード版(コードのみ購入できる)というのがあり、思い立ったらすぐに購入し手元にエントリーコードが届くうえ、配送のためのCO2やゴミも減らせてエコになるのでおススメしておく。