自作オーバーフロー水槽改造(二重管の蓋取り付け、ウールマット変更)

1か月ほど前にオーバーフロー水槽の配水管を二重管にした。
二重管にしたことで水槽内のごみが濾過槽に流れやすくなり、ウールマットの目詰まり頻度が高くなってきたため、この機会に濾過槽に使っているウールマットを別のものに見直すことにした。
また、二重管からの排水音を軽減するために上部に蓋を追加することにした。

(前回の記事)

濾過槽のフィルターを変更

濾過槽のウールマットは、GEXの上部フィルター用のものを使っていた。理由は値段が安いから。
我が家の水槽の濾過槽のウールマット置き場はタッパーなのでサイズが合わず、ウールマットを適当に折りたたんでセットしていたのだが、排水を二重管にしたことで目詰まり頻度が増えて下の写真のように水がウールマットをバイパスして流れてしまう頻度が上がった。

自作オーバーフロー水槽 濾過槽のウールマット変更

元々使っていたウールマット。目詰まりで水がバイパスしている。

このままだと二重管にしたメリットが十分に活かせないため、金額が高くはなってしまうがウールマット置き場を全面カバーできるよう幅の広いウールマットに変えることにした。

自作オーバーフロー水槽 濾過槽のウールマット変更

変更後のウールマット。適当な長さにカットして使用する。

幅18cm、長さ2mのウールマットが1枚入っており、これを適当な長さに切って使用する。
我が家のウールマット入れは幅15cm、奥行き20cm程度なので、長さ25センチくらいで切ることにした。切り出してみたところ、1枚では薄いので2枚重ねて設置する。
次回からは50センチ長さで切り出して折って使えば手間も少なくなるかな。

自作オーバーフロー水槽 濾過槽のウールマット変更

新しいウールマット設置後。全面がウールマットでカバーできいい感じである。

設置してみたところ、ぴったりのサイズ感だった。
値段は少し上がるが、水がパイパスしなくなったため寿命が延びてそこまでコストアップにはならない見込みである。
あと、面積が広いからなのか不明だがら排水管からの落水音が少し静かになった。

(購入したウールマット)

二重管の蓋を設置

排水二重管、効果はなかなかだが少し音が気になっていた。
あと見た目もイマイチだったため、塩ビパイプ用のキャップを購入して取り付けてみた。
そのままの長さだとパイプ外周部との接触面積が多くなり、メンテナンスなどの時に取り外すのが大変になるため、キャップの配管を差し込む側を少し切断して配管に少しだけかぶせるような形でセットしている。

効果はそこそこ感じられて、排水管からの音は結構緩和された。
また見た目は賛否両論だと思うが個人的にはよくなったと思う。

自作オーバーフロー水槽 配水管を二重管にする

二重管の蓋設置後

自作オーバーフロー水槽

水槽全体

塩ビパイプ用のキャップ。

グッピーの子供

今まではネオンテトラを主に飼っていたのだが、3月ごろからグッピーを水槽に入れている。ほどなくメスのおなかが大きくなり、今月に入ってから稚魚が確認できるようになった。
生まれた子は大半が食べられてしまっているようだが、あまりたくさん増えても面倒を見切れないため特に隔離などはせず、水槽内の環境に任せることにした。

自作オーバーフロー水槽 グッピー

グッピーの子供

ネオンテトラは子を産まなかった(飼育が下手な可能性もある)が、やはり繁殖というのは生き物を飼う醍醐味の一つかなと思う。
今までと比べて特別なことは何もしないが、二代目、三代目と育ってくれるよう見守っていこうと思う。

自作オーバーフロー水槽改造(排水を二重管にする)

今月の初めに、ミナミヌマエビ大量死事件があった。
餌を減らしたり水替えの量を増やしたりしているうちに症状が落ち着いてきたようで、数は減ってしまったものの卵を持った個体もちらほら見かけるようになった。
さらなる改善策として配水管を二重管にすることにした。

現状

給水(下の写真の右側)・排水管(下の写真の左側)を別々に配置しており、排水に関しては給水で増えた分の水が配水管の水面の開口から下部にある濾過槽に落ちていく仕組みになっている。
これだと細かいゴミは基本的に水槽の底にたまってしまうため、汚れを少しでも濾過槽のほうに流してやりたい。

自作オーバーフロー水槽  改造 二重管

改造前のオーバーフロー水槽

改善策

現状の排水管に穴をあけるとポンプが止まったときに濾過槽から水があふれてしまうため、排水管を二重管にして水面だけでなく色々な水深から排水できるようにしたい。
二重管といっても、一回り大きい塩ビパイプ(VU管)に穴をあけたものを配水管にかぶせるだけである。

製作

今回の改造はすごく簡単である。
まずは電動ドリルドライバーを使ってVU管に穴をあける。
穴は最初は少な目にしておき、排水量を見ながら少しずつ増やすとよい。

自作オーバーフロー水槽  改造 二重管

VU管に穴をあけたところ

こんな感じで立てて設置する。
油膜などが流れやすいよう上部の穴は大きめにしておく。

自作オーバーフロー水槽  改造 二重管

こんな感じで水槽の中に立てて設置する

VU管は水より比重が重く沈むため、今の配水管にかぶせて水槽の中に立てる。固定はしていないため、メンテナンスの時には簡単に取り外すことが出来る。
写真では分かりやすいよう穴を手前に向けているが、実際は穴が目立たない向きに設置する。

自作オーバーフロー水槽  改造 二重管

水槽内に設置したところ

一番上の穴は水面より上まであけておき、水中の穴が少し詰まってもいいようにしておく。

自作オーバーフロー水槽  改造 二重管

水面付近の写真

自作オーバーフロー水槽  改造 二重管

上から見たところ

完成

30分もかからず作業完了。
底のごみ少しだけを舞わせてみたところ、それなりにゴミが吸い込まれることが確認できた。
ちょっと管の色がイマイチな感じではあるが、機能性は捨てられないためこれでしばらく様子を見てみようと思う。

自作オーバーフロー水槽  改造 二重管

完成

作ってみてから思ったが蓋を付けてもいいかもしれない。
今度時間があるときにキャップでもつけてみようかな。

ミナミヌマエビ謎の大量死

ミナミヌマエビとの付き合いは長く、2013年頃に水槽に入れてからなのでそろそろ10年近くになる。

転勤による何度かの引っ越し、水槽の買い替えや知識不足による天敵の水槽内導入などいろいろあったが、あるときは細々と、あるときは大量発生しながら世代交代を繰り返し今に至る。

ところがここ1週間ほどで10匹近くのミナミヌマエビが命を落としてしまった。我が家の水槽史においては(他の生き物に食べられる以外では)前代未聞の事件である。

最近は数が増え気味で調子が良さそうだったため、なにか原因があるはずてある。とりあえず思い出すものをまとめてみた。

  • 水槽にシジミを入れた(今年3月)
  • 水槽にグッピーを入れた(3月か4月)
  • ウイローモスを入れた(4月)
  • チェリーシュリンプを入れた(4月)
  • グッピーの子が生まれた(5月)
  • グッピー繁殖で餌の量が少し増えた(5月)
  • 水換え用の水を入れたバケツを玄関先に置いていたときにお向かいの方が高圧洗浄機て洗車をしていた(5月)

ぱっと見た感じだと、時期が近い餌の量が増えた(水換えの量と頻度変わらず)とお向かいの洗車が怪しいが、洗車に関してはそれなりに距離も離れておりバケツを見た感じでは異物混入の形跡はなさそうに見えた。

 

とりあえずは水換え頻度を少し増やして餌を控えめにしてみようと思う。あとは万一に備えて、バケツを外に置いておくときは蓋をしておくくらいだろうか。

グッピーの稚魚含め他の生き物は元気そうではあるご、しばらくは気の抜けない日が続きそうである。

オーナーフロー水槽の水中ポンプ交換②

昨年末に交換したオーバーフロー水槽の水中ポンプだが、導入後1か月程度たったときに時々停止することに気づいた。
まあいいやと思ってそのまま使っていたのだが最近になりかなり頻繁に停止するようになってしまったため買い替えることにした。
Amazonの安物だったので粗悪品のリスクは覚悟していたが、文字通り「安物買いの銭失い」である。

 

スポンサーリンク

 

 

今まで使ったポンプのレビュー

  • エーハイム コンパクトオン1000

    値段がそこまで高くなく(買ったときは3千円台半ばだったと思う)お手頃でパワーもそこそこで、音もうるさくないしいい製品だと思ったのだが、使用開始後数か月で異音が発生した。
    運が悪かったと思い再度購入するもまたしても数か月で異音が発生。調べてみると両方ともインペラーが割れていた。多分設計に問題があったのだと思う。
    大手の有名メーカーなのにがっかりである。もう買うことはないだろう。

    注)最近モデルチェンジしたようで、上に書いたのは一つ前のモデルの感想である。インペラーの耐久性が改善されていればいい製品だと思うのだが...。

  • Amazonの安物
    値段は驚きの2千円台前半。レビューを見ると悪くなさそうである。
    サイズはコンパクトオンより一回り大きく、使ってみると音は静かだがコンパクトオン1000に比べて明らかに流量が少ない。Amazonで謳っている能力はまず出ていない。

    それでも安いから仕方ないかと思いそのまま使っていたのだが、不定期(?)に運転が停止することに気づき、購入後3か月で発停をかなり頻繁に繰り返すようになったため処分することにした。当たり外れがかなり大きいのかもしれない。

今回買った水中ポンプ

もういちどAmazonの安物を買おうかなとも思ったが、ショップなどでよく見かけるカミハタ Rio+1100を買ってみることにした。
一つ小型のRio+800でもよさそうだったが、揚程が微妙なところだったため安全側でRio+1100にした。

ネットで買ってもすぐ届く。運送会社の皆様には本当に頭が下がる思いである。
ということで届いたものを開梱。思ったよりでかい。
付属品がいろいろあるが使う予定がないため本体だけ取り出して箱に戻しておいた。

オーバーフロー水槽の水中ポンプ

カミハタ Rio+1400

濾過槽にRio+1100を設置

さっそく濾過槽に設置してみる。
かなり大きいが何とか収まったという感じ。手前に見えるのが水作エイトコアのSサイズ。

オーバーフロー水槽の水中ポンプ

Rio+1100設置後

濾過槽にはチェリーバルブがいる。
何も考えずに買ってきて水槽に入れたところ、たくさんいたはずのミナミヌマエビがどんどん減っていき、残ったものも物陰に隠れて出てこなくなってしまった。
調べてみたらエビが大好物らしい。混泳は難しいと考え濾過槽に隔離した。濾材だらけにすることもなかろうと、濾過槽に余裕を持たせておいて正解だった。

おまけ:今の水槽の様子

今の水槽の様子である。
水替えと水槽の前面のコケの掃除くらいしか手入れをしておらずなんだか美しくないが、見た目に反して生き物たちは元気にしている。
※生き物たちからすると見た目は関係ない。

オーバーフロー水槽

今の水槽の様子

3月にグッピーを3ペア購入して水槽に入れたが、今日見たら稚魚が生まれていた。
アクアリウム歴は10年と少しになるがグッピーは初めて。かなり増えると聞くので、とりあえず隔離などはせずそのままにする。
せめて隠れ場所をもう少し増やすくらいはしてやってもいい気もする。

オーバーフロー水槽 グッピー

グッピーの稚魚(?)

あとはこの間入れたシジミ。濾過槽に入れていたところ数が半分くらいになり、死んでいる個体を取り除くのが面倒くさいので死んだらエビに掃除を任せよう、ということで水槽の中にばらまいてみた。
環境に慣れた個体だけが残っていたためか水槽に入れた後は1匹しか死んでいない。そして死んで貝が開くとエビが群がり一晩で身がなくなる。

オーバーフロー水槽 シジミ

スーパーで買ったシジミ。水管が出ているので生きてはいるようだ。

他の方のブログの記事などを見るとすごくきれいに水槽を維持されている方が多く感心するが、じゃあ何かするかというと億劫である。
長持ちの秘訣は頑張りすぎないこと、ということにしておくとするか。

 

(ポンプを買い替えた時の記事)

imojiro.info

水槽のシジミと庭の池のこと

今日は春の陽気というよりは初夏の陽気という感じで、日が当たる時間帯は半そでで作業してもいいくらいに温かかった。
庭の池では植物に先駆けて生き物たちが春を迎えたようである。

スポンサーリンク

 

 

水槽のシジミ(続報)

水槽の濾過槽にシジミを入れて1週間ほど経過した。ネットを引き出してみると全体の2割くらいが死んでしまった。思えば池のシジミも入れてしばらくの間は結構な数が死んでいたような気がする。
スーパーに並べられている時点で弱っているものがいるのと、あとは環境の変化に弱いものがいるのだろう。
密集しすぎて酸欠になったりするのだろうかと思い、3匹ほどはネットから出して直に水槽に投入した。水槽内であれば死んでしまってもオトシンクルスとミナミヌマエビが食べてくれると思われる。

水槽にシジミを入れる

シジミ投入から1週間後

水槽にシジミを入れる

生きているグループ

庭の池(金魚たち)

金魚は完全にシーズンインしたようで、冬場に比べて動きが素早くなってきたし、餌もよく食べる。
オレンジの金魚は浮袋の調子が悪いのか浮き気味で沈むのが大変そうである。餌は普通に食べているので様子を見ることにする。塩水浴も考えたが、寒暖差がそこそこある季節で環境を変えることはそれなりのリスクを伴うため見送ることにした。

庭池 DIY 金魚

金魚たち

庭の池(ミナミヌマエビ)

睡蓮鉢の赤玉土のところにミナミヌマエビがいた。
冬場は姿を見せなかったが(そもそも金魚が追いかけるのであまり姿は見せないが)、冬を乗り切った個体も多そうである。睡蓮鉢に2匹と、ろ過装置の中に生まれたばかりの稚エビが2匹こと切れていた。

庭の池 ミナミヌマエビ

ミナミヌマエビ

庭の池(メダカ)

全然見かけないためもうみんな死んでしまったかと思っていたメダカ。
今日見ると何事もなかったように泳いでいた。冬場は池の底でじっとしていたようだが、その割には太っているように見えるのはなぜだろう。
久しぶりの対面なのもあり人影をみるとものすごい速さで隠れてしまうため離れてスマホのズーム機能を駆使して何とか撮影できた。

庭の池 メダカ

メダカ

庭池のエアーポンプ起動

冬場止めていたエアーポンプを起動することにした。
投げ込み式フィルターは池の中に放置していたため一度取り出してみたところ動いていないのに汚れていた。
しかも小さい赤虫らしき生き物が一匹くっついていた。メダカはこれを食べていたのだろうか。

庭の池 投げ込み式フィルター

投げ込み式フィルター

庭の池 赤虫

フィルターについた赤虫

フィルターは水道水で水洗いし(バクテリアはすぐ着くだろう)、エアホースを接続して池に放り込んだ。
久しぶりに電源BOXを開放したところ特に異常はなさそうだ。防食テープがはがれてしまっている部分があるが、BOXの内部なので問題ないだろう。さっそくエアーポンプを起動した。
水面の泡を餌だと思ったのか、しばらくの間は金魚たちが泡を追いかけまわして突っついていた。

庭の池 エアーポンプ

エアーポンプ起動

庭の池 電源BOX

電源BOX

庭池DIY

今日の庭池の様子

あとは植物たちが生きていてくれるとよいのだが、今のところ冬場と比べて目に見えた変化は見られない。しばらく暖かい日が続けばきっと変化がみられると思う。

水槽にシジミを入れる

池にシジミを入れてみたところ、意外とシジミが長持ちしたため今度は水槽にシジミを入れてみた。目的は水槽内の水質浄化。それほど水が汚いわけではないと思うのだが、緑色の堅い苔が結構生えてくるためその対策になればと思っている。

 

スポンサーリンク

 

 

シジミの砂抜き

買ってきたシジミの砂抜きをする。
水は少な目でも問題ないらしいので、貝の半分くらいが浸かるくらいの推移で砂抜きをしてみた。しばらくすると貝が少し開いていた。
水は水道水。後から思えば水槽の水でもよかった気がする。他のことをしつつ数時間放置したらそこそこ砂が出ていた。

水槽にシジミを入れる

シジミの砂抜き

シジミを水槽に入れる

砂抜きも終わったのでシジミを水槽に入れる。水合わせなんてよく言うが、経験則として温度だけ合わせておけばそれほど問題ない気がしている。
庭の池と同様、100均のネットに入れて濾過槽の中に沈めてみた。この状態で様子を見てみることにする。

水槽にシジミを入れる

シジミをネットに入れたところ

水槽にシジミを入れる

シジミを水槽(濾過槽)に入れたところ

1日経過後

水槽(濾過槽)にシジミを入れて、丸1日が経過した。見たところまだ死んでいる個体はいなさそうである。

水槽にシジミを入れる

シジミを水槽(濾過槽)に投入後、丸一日経過

念のため、ネットごとシジミを出して確認してみたがまだすべてのシジミが生きていた。
スーパーで買われると一両日中には味噌汁なりなんなりになっていることを考えるとある意味幸運...なのだろうか。

水槽にシジミを入れる

シジミを水槽(濾過槽)から出したところ

さて、来週はどうなっているのやら。

オーバーフロー水槽の水中ポンプ交換

我が家のオーバーフロー水槽のポンプにはエーハイムのコンパクトオン1000を使用していた。
2台購入したが、いずれも数か月で異音が発生し、分解して確認するとインペラーが破損して(割れて)いた。補修しながら使っていたがさすがに手間がかかりすぎて面倒なので買い替えることにした。

インペラー修理の記事

imojiro.info

 

スポンサーリンク

 

選んだポンプ

有名メーカーのものでもダメなのであれば、いっそのこと安物を攻めてみようということでamazonで見つけてきたLEDGLEというメーカーのポンプを購入してみた。

・流量1500L/h(25L/min)
・揚程が1.6mらしい。
・水中だけでなく陸上でも使える

と、なかなかのスペックだが説明の日本語が怪しい。
我が家のオーバーフロー水槽は水槽の水面と濾過槽の水面の差が1.1mくらいでスペック的には余裕があるのでまあ何とかなるだろうということで早速購入。

ポンプ取り換え

購入すると翌日の午前中には届く。本当に便利で助かっている。
最近Amazonはヤマト運輸と和解したらしく配送の質もよくなった。世の運送ドライバーの皆様には本当に頭が下がる思いである。

オーバーフロー水槽のポンプ交換

届いたポンプ。


せっかく早く届けて頂いたのにこちらで放置するのは失礼に当たると思い、さっそく交換作業に取り掛かる。
ポンプ接続口のサイズがたまたまコンパクトオン1000と同じだったため、コンセントとホースを外して取り換えるだけ。ものの数分で作業は終わった。

オーバーフロー水槽のポンプ交換

交換前(エーハイム コンパクトオン1000)

オーバーフロー水槽のポンプ交換

交換後(LEDGLE水中ポンプ)

使用感

  • 大きさ
    コンパクトオン1000の倍くらいある。かなり嵩張るが濾過槽の中でスペースに余裕があったため、さほど気にならなかった。
  • 運転音
    もとが異音でめちゃくちゃうるさかったのもあるが、結構静かである。設置場所が玄関なのもあり全く気にならない。
  • 能力
    揚程1.6m、流量1,500L/minは明らかに出ていなさそうである。
    コンパクトオン1000が揚程1.4m、流量400~1,000L/minだがどう見てもそれより流量が少なそうに見える。

まとめ

コンパクトオン1000を買うことはもうないと思う。いくら消耗品といってもさすがにひどい。メーカー側できちんと対策を取ってほしい。
買い替えたポンプは、とりあえず今のところ水は循環しているためしばらく様子を見ることにする。値段を考えればこんなものだろう。(コンパクトオン1000が5,000円オーバーに対して2,000円そこそこ。水中ポンプ、1年前に比べてずいぶん高くなったような気がする)
場合によっては濾過槽を少しかさ上げする等の方法を検討しようと思う。

購入したポンプ