戸建て団地管理組合の話(理事になって気づいた問題点)

 何年か前に郊外に戸建ての家を買った。
 戸建て団地(戸建ての家がたくさん並んでいる)内にある建売の家で、周りは似たり寄ったりな家が並んでいる。団地の中には色々共用の設備があり、それを管理するのに団地管理組合に入る決まりになっている。
 今年理事の順番が回ってきて色々確認するとかなり杜撰な管理になっていることが分かったので色々見直しをしていこうと思う。戸建て団地管理組合というのは世にあまりないらしいので、誰かの参考になればとの思いで記録を残していくことにする。

スポンサーリンク

 

戸建て団地管理組合で管理しているもの

 以下のものが住民の共有持分となっており、戸建て団地管理組合で管理している。

  1. 集会所
    キッチンスペースとキッズスペース、2部屋の会議室などで構成されている。2階建て。
  2. 私道
    敷地内の大半は市道だが、通り抜けのできない一部の道路が私道となっている。
  3. 法面と階段
    団地の中に法面と法面の上にある家に行くための階段がある
  4. 雨水調整池
    私有地の部分に雨水調整池がある。大雨の時などに降った雨を一時的に貯めて少しずつ流すことで水害を防ぐためのもの。
  5. 共用の畑
    住民が有償で借りられる畑がある。
  6. 歩行者用の歩道
    家と家の間に、歩行者が通るため細い道がある。ちょっとした植栽などがある。
  7. 防犯カメラ
    セキュリティーを売り文句の一つにしているためなのか、私有地部分に防犯カメラがいくつか設置されている
  8. ゴミ置き場
    住民用のゴミ回収BOX。団地の中に何箇所かある。

問題点

  管理の対象となるものを大手のマンション管理会社に管理委託しているがかなり杜撰。管理対象の中の何ひとつとしてまともに管理ができていない。ご担当がとにかく分からない、専門じゃないと繰り返すばかりで話が進まない。
 また、施工会社もいい加減で、引渡しの書類もない、問い合わせには答えない。地場の結構大きい会社だがこんなレベルなのかとただただ呆れるばかりである。

まずは予算の確認から

  管理組合の予算を見てみると、予算は全体で数百万円(1000万は行かないがそれに近い)。
 内訳も大雑把でよくわからないので管理会社のご担当に聞くと、ピントのずれた回答ではなしにならない。ただ、どうもかなり無駄なお金を払っているらしいぞと言うことが分かってきた。

今後やっていくこと

 あまりの酷さについ愚痴っぽくなってしまったが、文句ばかり言っていても生産性がない。とにかく問題だらけでまともな部分があまりないので、まずは予算項目ごとに委託先の話を聞いたり見積もりを取ったりして削減の可能性を探っていくことにする。
 正直、やった分だけ疲れるしあまり得がない(管理費が月いくらか安くなるくらい?)で割りに合わないが、腐らず頑張っていこうと思う。