酒のつまみ(炙りマグロとアボカドのサラダ)

 最近は中々外食ができないので酒のつまみを自分で作る機会が増えた。メニューは居酒屋などで食べて気に入ったものを自宅で何となく再現してみる。当然素人がやることなので店の味にはならない。しかも8割くらいは失敗作になるが、その中でもそこそこうまく時もあり、それを少しずつ蓄積していきレパートリーを増やしていくため、備忘録も兼ねてそれらを紹介していく。
 コンセプトは「簡単に作れて、失敗してもそれなりに食べられる」こと。

 今日は「炙りマグロとアボカドのサラダ」。

f:id:a0k1n12357:20210215211213j:plain

炙りマグロとアボカドのサラダ

スポンサーリンク

 

材料

  1. 醤油
  2. 酒(安い日本酒でOK)
  3. みりん
  4. ごま油
  5. マグロのさく
  6. アボカド
  7. レタス(カットして袋に入っているやつでいい)
  8. きざみのり(あれば)
  9. 刻んだネギ(あれば)

作り方

  1. アボカドを適当な大きさに切り分ける、
  2. マグロのさくを餅焼き用の網に乗せ、バーナーで4面を炙る。
  3. 小さい鍋に材料1~3入れ、混ぜながら加熱する。煮えてきて元の量の半分くらいになればOK。
    調味料の量は目分量で、醤油1、日本酒1、みりん1くらい。
  4. 3でつくったたれにごま油を好みで入れて混ぜる。
  5. 皿にレタスを盛りつけ、その上にマグロとアボカドを乗せる。(マグロとアボカドを交互に並べるといい感じになるが、味が変わるわけではないので面倒くさければ適当に乗せればいい)
  6. 5にきざみのりと刻んだネギをかけ、4でつくったソースをかけて完成。
 

さいごに

 店の味には程遠いがこれはなかなか美味しかった。
 材料は無理にそろえる必要はなく、面倒くさければマグロのさくを炙ってアボカドと皿に盛り付け、ワサビと醤油で食べるでも結構おいしい。

 なお、バーナーを持っていないなら高いものでもないので1つ買っておいても損はないと思う。例えばスーパーの刺身は少し臭いときがあるが、表面をバーナーで軽く炙るとかなり臭みがマシになる。


 バーナーで炙るときは、コンロの上に餅焼き用の網をセットし、バーナーで炙っている。網は洗えば何回も使えるし、高いものでもないので汚れて買い替えるにしてもそれほど負担にはならない。